脇脱毛によって嫌な臭いを撃退

脇に生えるムダ毛は他の場所に生えるものと比べると太く、そのため毛穴も広くて深いのが一般的です。

このような状況から毛穴の奥に存在する汗腺も大きく、ムダ毛を脱毛した後はブロックするものがなくなるため汗がスムーズに流れるようになります。

脱毛前と脱毛後の汗の量は変化しませんが、ムダ毛がなくなることで汗は比較的自由に肌の上を流れるようになります。もしかするとこのような状況は汗を野放しにすることになり、脇から生じる嫌な臭いを強めてしまうのではないかと感じる人がいるかもしれません。

しかし実際のところ、そのようなことは生じません。むしろ脇の臭いを抑制することにつながるのです。

多くの人が理解しているように、脇の臭いは汗と大きく関わっています。しかし汗そのものに強烈な臭気はなく、むしろ無臭に近い状態にあります。

実は汗の臭いは皮膚に生息する雑菌の分解作用が生じさせるものなのです。毛穴の中、そしてその周りにはたくさんの雑菌が生息しており、これらが汗を餌として繁殖します。かいた汗をそのままにしておくと雑菌はたくさんの餌にありつけるわけですから、どんどん繁殖していきます。

そして雑菌は汗を分解するときに臭気を発生するのですが、これが脇から生じる嫌な臭いとなるわけです。そのため脇からの臭いを抑えるためには雑菌そのものを除き取るか、その餌となる汗を除くかのどちらかの手段を取らなければならないのです。

脇のムダ毛を脱毛すると雑菌が隠れる場所がなくなります。そのため雑菌の数は大幅に減少します。また脱毛サロンなどで毛根から脇のムダ毛を脱毛してしまえば毛穴は空になり、それは次第に閉じていきます。

そうなると雑菌はそこに住みつくことができなくなり、臭いの源を除去することができるのです。しかし脱毛後、開いた毛穴に雑菌が入り込んでしまうことがあります。

そのため脱毛直後は汗をかいたらすぐに拭き取るようにし、毛穴とその周辺の雑菌が増殖することがないように注意しなければなりません。また入浴時には脇をよく洗うようにし、汚れが入り込まないようにします。

このようなケアをしばらく行えば、雑菌は大幅に減少します。その結果、脇から嫌な臭いが発せられることはなくなるのです。脇のムダ毛を脱毛するとそこから嫌な臭いが発せられるのではないかと感じることがあるかもしれませんが実際はその逆で、脇のムダ毛を脱毛することは脇の臭いの抑制につながるのです。

脇を脱毛サロンで施術する流れはこちら;脇脱毛体験。脱毛サロンの料金や流れについて

カテゴリー: 未分類 パーマリンク